ミシェル・ノストラダムスの予言集 (ランドリオ、ルセ)

 18世紀末頃にはリオンのランドリオが度々 『予言集』 の出版に携わった。そのうちルセとだけ組んだものには刊行年の記載がない。

正式名

 二巻本であり、それぞれの扉に記載されているのは以下の通りである *1

第一巻
  • PROPHETIES DE MICHEL NOSTRADAMVS,
    • Dont il y en a trois cens qui n'ont iamais esté imprimees ;
    • Trouuees en vne Bibliotecque laissee par l'Autheur.
    • NOUVELLE EDITION,
    • D'après un Exemplaire trouvé dans la Bibliothèque du célèbre PASCAL.
    • AVEC LA VIE DE L'AUTEUR.
    • TOME PREMIER.
    • A RIOM et A CLERMONT,
    • De l' imprimerie de LANDRIOT et ROUSSET, imprimeurs-libraires.

  • ミシェル・ノストラダムスの予言集
    • 決して出版されなかった三百篇を含み、
    • 著者の残した蔵書の中から発見された版。
    • 新版
    • かの有名なパスカルの蔵書から発見された伝本による。
    • 著者の伝記とともに。
    • 第一巻
    • リオンとクレルモンにて、
    • 印刷業者にして書肆のランドリオとルセの印刷所による。

第二巻
  • PROPHETIES DE MICHEL NOSTRADAMVS,
    • Dont il y en a trois cens qui n'ont esté iamais imprimees ;
    • Trouuees en vne Bibliotecque laissee par l'Autheur.
    • NOUVELLE EDITION,
    • D'après un Exemplaire trouvé dans la Bibliothèque du célèbre PASCAL.
    • AVEC LA VIE DE L'AUTEUR.
    • TOME DEUXIEME.
    • A RIOM et A CLERMONT,
    • De l' imprimerie de LANDRIOT et ROUSSET, imprimeurs-libraires.

  • ミシェル・ノストラダムスの予言集
    • 決して出版されなかった三百篇を含み、
    • 著者の残した蔵書の中から発見された版。
    • 新版
    • かの有名なパスカルの蔵書から発見された伝本による。
    • 著者の伝記とともに。
    • 第二巻
    • リオンとクレルモンにて、
    • 印刷業者にして書肆のランドリオとルセの印刷所による。

 第一巻、第二巻とも同じ題名を使っている珍しい版である(厳密に言うと、jamais の位置に違いがある)。
 両方に「著者の伝記とともに」とあるが、これは実際には第一巻の方にしか収録されていない。あまり深く考えずに同じような扉を作成したように見える。

内容

 十二折版の二巻本で第一巻が156ページ、第二巻が119ページである。

 第一巻にはノストラダムスの伝記、第一序文(セザールへの手紙)、百詩篇第1巻から第6巻ラテン語詩は含むが、補遺篇の百詩篇第6巻100番は含まない)、第7巻(補遺篇を含む48篇だが、73番以降の4篇は45番から48番と位置付けられている)が収録されている。

 第二巻には第二序文(アンリ2世への手紙)、百詩篇第8巻(補遺篇6篇を含む)、第9巻第10巻101番を含む)、第11巻六行詩58篇と四行詩2篇で、四行詩は91番、92番とされているが、内容は従来の91番、97番と同じ)、第12巻(11篇)の順に収められている *2

所蔵先

  • ボルドー市立図書館、ランス市立図書館、リヨン市立図書館ミシェル・ショマラ文庫、ポール・アルボー博物館
  • ローザンヌ州立・大学図書館、スウェーデン王立図書館、ウプサラ大学図書館、ビリニュス科学アカデミー、フィラデルフィアLC

刊行年

 刊行年が明記されていないので推測するほかはない。ロベール・ブナズラは1780年頃と推測し、ミシェル・ショマラは1800年頃と推測したが、いずれも根拠は示されていない。また、『ビブリオテカ・エソテリカ』は1788年頃と推測しているという。

 仮にランドリオがピエール・ランドリオなのだとしたら、1789年以降の刊行の可能性を考えるべきではないだろうか。

関連項目




名前:
コメント: