ランドリオ

  ランドリオの印刷所 (l' imprimerie de Landriot) は18世紀終わりごろの『予言集』のいくつかの版を手がけた業者である。

 フルネームが示されたことはなかったので詳細は不明だが、メロの書誌研究では該当しそうな人物が1人見付かる。
  ピエール・ランドリオ (Pierre Landriot, 1752.7-1821.7.31) である。彼の出版業者としての活動はリオンで1789年から1807年( ?)、ガナで1794年から1795年( ?)、クレルモン・フェランで1798年( ?)から1821年( ?)とされていて、「少なくとも」 1798年から1807年の間は、リオンとクレルモン・フェランでマチュー・ルセ (Mathieu Rousset) と提携していたという *1

ノストラダムス関連

 以下の3冊の『予言集』を刊行した。

 最初の2つは刊行年が記載されていない。最後のもの(ランドリオ、ルセ、ボヴェールの三者による出版) はメロの研究が示すランドリオとルセの提携期間から若干ずれてはいるが、おおむね一致している。


名前:
コメント: