ハンス・ローゼンベルガー

  ハンス・ローゼンベルガー (Hans Rosenberger, 1510年 - 1565年)は、アウクスブルク出身の実業家で、チロル地方で鉱山経営をしていた。1560年頃にチロル地方のフィーバーブルンに住んでいた時期には鉱山経営で失敗し、かなり厳しい状況に立たされたこともあったらしいが、その後、無事に持ち直せたらしい。

 母親の名前はクララ・エヒンゲリン (Clara Ehingerin)、妻の名前はクニグンダ・ピムリン (Kunigunda Pimlin) で、息子としてカール(1534年4月24日生まれ)、ハンス(2世、1544年2月2日年生まれ)がいた *1 。これらの家族構成は、いずれも後述のノストラダムスとの往復書簡(仲介者トゥッベの手紙を含む)に書かれている。

ノストラダムス関連

 自身の運勢や事業の未来、息子たちの運勢など、折に触れてノストラダムスに相談しており、時折ノストラダムス自身からの返信も受け取った。
 ローゼンベルガーは金払いがよかったためか、ノストラダムスはかなり丁寧な手紙を何度も書いており、その情報がノストラダムスの身辺を窺い知る重要な証言になっている。
 たとえば、ノストラダムスが自身の占星術師と医師のキャリアを1521年から起算していることや、曽祖父譲りの占星術の道具を使っていること、秘書としてジャン・ド・シュヴィニーを雇ったのが1561年夏であることなどは、いずれもローゼンベルガーへの手紙の中で語られていることである。

関連項目



名前:
コメント: