ノストラダムスの万能薬

 『 ノストラダムスの万能薬 』は、1999年に八坂書房から刊行された著書。クヌート・ベーザーThe Elixirs of Nostradamus (1995) の日本語訳版で、訳者は明石三世


【画像】カバー表紙

内容

 今のところ日本で唯一の『化粧品とジャム論』の訳書である。ただし、訳者もあとがきできちんと断っているが、転訳につぐ転訳を繰り返している。

 『化粧品とジャム論』の初版は1555年だが、1557年版の時点で、章の省略や様々な異文の混入が見られた。1572年にイェレミー・マルツがドイツ語訳した版の底本は未詳だが、自身の判断で第1部第18章を省いた旨の断り書きがあるので、省略のない初版に近い系統からの訳だったのかもしれない。
 ベーザーはそれを現代ドイツ語に直して Die Elixiere des Nostradamus. として刊行したが、英語版はそこで保存されていた章立てを廃止し、全部で16章分が省かれた。

 日本語版はその英語版からの翻訳である。おおよその雰囲気を掴む上では有用だろうが、細部の動植物や鉱物の名前、処方などについては、本来の『化粧品とジャム論』から乖離している可能性があることを理解しておく必要がある。
 一応、訳者の明石は問題のある訳語の一部に多少の補正を施したらしく、英語版の訳書としては十分に誠実に訳出されたといえるのかもしれないが、限界があるだろう。
 実際、『ノストラダムス ― 予言の真実』の巻末の日本語文献案内では、訳者の後藤淳一(未作成)によるものか監修者の伊藤進によるものか明記されていないが、「ノストラダムスの原著からはかなり隔たった内容になっている」 *1 と評されている。

書誌

書名
ノストラダムスの万能薬
編者
クヌート・ベーザー
訳者
明石三世
版元
八坂書房
出版日
1999年1月25日
注記

外国人研究者向けの暫定的な仏語訳書誌(Bibliographie provisoire)

Titre
Nostradamus no Ban'nouyaku (trad. / Les élixirs de Nostradamus)
Editeur
Knut BOESER
Traducteur
AKASHI Mitsuyo
Publication
Yasaka shobô
Lieu
Tokyo, Japon
Date
le 25 janvier 1999
Note
Traduction en japonais d' un livre de K. Boeser, The Elixirs of Nostradamus, 1995


名前:
コメント: