Mendosus


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  Mendosus はラテン語の形容詞で「誤りが多い」「あてにならない」などの意味 *1
 ノストラダムスはヴァンドーム (Vendosme / Vendôme) の不完全なアナグラムとして、この語を持ち出しているという説が広く認識されている。
 信奉者側ではジャン=エメ・ド・シャヴィニー(1594年)がすでにこうした読み方を提案していたし、ジャン=ポール・クレベールピーター・ラメジャラーリチャード・シーバースといった現代の実証的論者たちも(積極的か疑問符付きかはともかく)その可能性を示している。

登場箇所

 百詩篇での登場は2箇所である。片方では Mandosus になっているが、綴りの揺れの範囲内であろう。フランス式に読んだ場合、Mendosus と Mandosus はどちらも「マンドシュ」もしくは「マンドシュス」で、全く同じ発音になる。


名前:
コメント: