池田邦吉

  池田邦吉 (いけだ くによし、1947年- )は、東京都出身の建築家(一級建築士)。東京工業大学工学部建築学科卒業。三輪正弘環境造形研究所、三浦西野建築設計事務所、西部不動産株式会社等に勤務し、社団法人日本ツーバイフォー建築協会研修部長を務めた。  
 1987年に一級建築士事務所・株式会社アーキコスモを設立し、同じ年には建築家として『図解ツーバイフォー建築の実務』(オーム社、1987年)を出版している。

 1996年にアーキコスモを解散、「ノストラダムス研究所」という団体を設立し、その所長としてノストラダムス解釈に専念するようになる。

 ほか、ニューサイエンスやスピリチュアル方面の著書として、『あしたの世界』(4巻まで)(明窓出版、2004年-2006年。1、2巻は船井幸雄と共著)、『光のシャワー ヒーリングの扉を開く―バーバラ・アン・ブレナン博士に出会って』(明窓出版、2008年)、『神さまがいるぞ!』(明窓出版、2012年)などを出版している。


【画像】『光のシャワー』


【画像】『神さまがいるぞ!』

ノストラダムス関連

 池田は1995年以降、『ノストラダムスの預言書解読』シリーズなど矢継ぎ早に関連書を発表してきた。その解釈に対しては、関英男(未作成)深野一幸平川陽一(未作成)などのように、支持・評価する者たちが現れた *1

 1995年11月16日には、明治記念館でミシェル・ショマラジャクリーヌ・アルマン(未作成)を招いた出版社主催の出版記念講演もおこなっている。
 なお、池田は、ショマラらの来日目的を池田の解釈に関する調査のためと説明しているが *2 、本当にそうした意図があったかは不明である。仮にそのような意図があったとしても、彼らは池田の解釈を全く評価していないと考えられる。サロン=ド=プロヴァンスでの展覧会「危機の時代に向けた予言」(Prophéties pour temps de crise(未作成), Salon-de-P., 2003)では、ミシェル・ショマラ文庫の蔵書から日本語文献11点も出展されたが、その中に池田の著書は含まれていなかったからだ *3
 また、同展覧会の公式ガイドブックの表紙を飾っているのは、石垣ゆうき&MMR『ノストラダムスの最終宣言!! 1999日本崩壊の地獄書(未作成)』の表紙写真であり、本文で日本のノストラダムス現象に触れたくだりは専ら麻原彰晃(未作成)と地下鉄サリン事件に費やされている。仮にショマラが池田の解釈を評価しているのなら、展覧会への出展なし・ガイドブックでの言及なしということはありえなかったと考えられる。
 さらに、ショマラ文庫の目録には池田の著書2冊、手書きの予言詩の翻訳原稿(13葉)1点の計3点が挙げられているが、そこにも特段評価するような注記はないし *4 、1996年以降のショマラの論文で池田への言及は確認できない。

 池田が主たる底本にしているのは、1557年11月3日版の予言集である。池田はショマラの来日時にこの復刻版をプレゼントされ、以降最も信頼できる原典として使うようになっている。のみならず、自身の解読をノストラダムスの霊が支えてくれていると主張する池田は、この「原典」も、ノストラダムスの霊が池田の手許に届くように仕向けてくれたと主張している *5
 1557年11月3日版は確かに池田がプレゼントされた頃(1995年11月)には本物と見なされていたが、その1年ほど後に1557年9月6日版が発見され、11月3日版はそれよりも遥かに質の劣る版であることが明らかになった(海賊版とも言われている)。ショマラ自身、1997年1月のリヨン市広報でこの新発見の9月6日版について報じており、来日時期が1年ほどずれていたら、全く違った事態になっていただろうと考えられる。
 この事実は、ノストラダムスの霊が池田の解釈を全面的に支援してくれているとする本人の主張に強い疑義を抱かせるものである。

 なお、1999年頃には「TVタックル」ほかテレビ番組にも複数出演したが、山本弘からはテレビでの扱いは研究者というよりもコメディアンだったと評されている *6

書誌

  • 『ヨーロッパ大崩壊』(ういずゆう、1995年)
  • 『ノストラダムスの預言書 未来からの警告』(成星出版、1995年)
  • 『ノストラダムスの預言書解読』シリーズ
    • 『ノストラダムスの預言書解読I 宇宙からの警告篇』(成星出版、1996年)
    • 『ノストラダムスの預言書解読II ノアの方舟篇』(成星出版、1997年)
    • 『ノストラダムスの預言書解読III セザールへの手紙篇』(成星出版、1998年)
    • 『ノストラダムスの預言書解読IV 1999年前篇』(成星出版、1998年)
    • 『ノストラダムスの預言書解読V 1999年七の月篇』(成星出版、1998年)
    • 『ノストラダムスの預言書解読VI 1999年後篇』(成星出版、1999年)
    • 『ノストラダムスの預言書解読VII アンゴルモアの大王篇』(成星出版、1999年)
  • 『ノストラダムス研究』(成星出版、2000年)
  • 『21ノストラダムス』シリーズ
    • 『21ノストラダムス NO1』(明窓出版、2003年)
    • 『21ノストラダムス NO2』(明窓出版、2003年)
    • 『21ノストラダムス NO3』(明窓出版、2003年)
    • 『21ノストラダムス NO4』(明窓出版、2006年)
    • 21ノストラダムス NO5』(明窓出版、2007年)

ほかに『予言・予知・占いファイル』に寄稿した文章などがある。


名前:
コメント: