虹とノストラダムス

 『 虹とノストラダムス 』は、太田忠司の小説。2012年にPHP研究所から発売された。帯の惹句は「あの頃、僕たちは世界の終わりを信じていた」「『あの予言』に触れたすべての人に贈る物語」。


【画像】カバー表紙

コメント

 粕谷知世の『終わり続ける世界のなかで』のように、日本のノストラダムス現象を題材にとった小説といえるだろう。
 海外の場合、ノストラダムスその人を題材にした小説や演劇は古くからあるが、ジャン=シャルル・ド・フォンブリュヌパコ・ラバンヌの解釈が惹き起こしたパニックを題材にした創作の話は、当「大事典」では確認していない。ノストラダムスその人よりも、五島勉の『ノストラダムスの大予言』が与えた社会的影響の方が創作の題材になりやすいという点も、日本のノストラダムス現象の特殊な側面を示すものといえるだろう。

文庫版

 2016年5月に『明日、世界が終わるとしても』と改題して、PHP文芸文庫から刊行された。


【画像】 カバー表紙

書誌

書名
虹とノストラダムス
著者
太田忠司
版元
PHP研究所
出版日
2012年10月11日
注記

外国人研究者向けの暫定的な仏語訳書誌(Bibliographie provisoire)

Titre
Niji to Nostradamus (traduction / L’arc-en-ciel et Nostradamus)
Auteur
ÔTA Tadashi
Publication
PHP Kenkyûjo
Lieu
Tokyo, Japon
Date
le 11 octobre 2012
Note
roman.


名前:
コメント: