シナゴーグ

  シナゴーグ (Synagogue) はユダヤ教徒の会堂のことである。礼拝、裁判、子供の教育などのための場で、ことにバビロン捕囚以後にシナゴーグでの律法教育などは、ユダヤ教の信仰の保持と継承の点で重要な役割を果たした。
 その後もユダヤ人社会の団結などの点で、シナゴーグは共同体の中心的機能を担う存在であったといえる *1

ノストラダムス関連

 ノストラダムス自身はユダヤ教徒ではなく、父方の祖父ピエールの代に改宗が済んでいたため、積極的に関わったことはおそらくなかっただろう。

 『予言集』では百詩篇第8巻96番で一度だけ言及されている。


名前:
コメント: