百詩篇第5巻19番


原文

Le grand Royal d’or 1 , d’ærain 2 augmenté 3 ,
Rompu la pache, par ieune 4 ouuerte guerre:
Peuple affligé par vn chef lamenté,
De sang barbare 5 sera couuerte 6 terre 7 .

異文

(1) d’or : d’Or 1672
(2) d’ærain 1557U 1557B 1568 1588-89 1589PV : d’airain T.A.Eds.(sauf : d’airin 1627 1644 1653, d’Airain 1672)
(3) augmenté : augmenré 1665
(4) ieune : jéune 1716
(5) barbare : Barbare 1589PV
(6) couuerte : couuert 1649Ca
(7) terre : de terre 1649Ca, Terre 1672

(注記1)1588-89では、3-4-1-2の順で、II-40に差し換えられており、不収録。
(注記2)1590Roは比較せず

日本語訳

大いなるロワイヤル金貨は青銅 (の比重) が増やされる。
約定は破られ、若者によって戦端が開かれる。
民衆は指導者によって悲しみに暮れ、嘆かされる。
大地はバルバロイの血で覆われるだろう。

訳について

 1行目 grand Royal は、名詞+形容詞と理解して「王家の偉人」と訳すことも可能だが、Royal が大文字であることや、直後に d’or (黄金の) とあることから言って、形容詞+名詞と理解すべきだろう。名詞としての Royal は 「王の像を刻んだ14、15世紀のフランス金貨の総称」 *1 として使われ、DFE にも 「約68スーの価値がある古金貨」 という語義が載っている。実際、ピーター・ラメジャラージャン=ポール・クレベールらはそのように理解している。

 既存の訳についてコメントしておく。
 大乗訳について。
 1行目 「金の王宮 銅がふえ」 *2 は、grand を宮殿と訳すのが強引だろう。
 2行目 「一致は若い人に破られ戦いがはじまり」 は、確かに par jeune (若者によって)を前半に係らせることは可能である。ただし、前半律は pache までだし、少なくとも初出の句読点の位置が正しいのだとすれば、不自然なことは否定できない。
 3行目 「人々は首長を失ってなげき悲しみ」 は、「失って」にあたる単語が原文にない。そのように意訳できる可能性はあるが、反面、2行目にある戦争に突っ込む指導者のせいで、人々が嘆かされるとも読める。

 山根訳について。
 1行目 「偉大な黄金の王族 銅により勢力を増し」 *3 は、そう訳せないこともないが、前述の理由によって不適切だろうと思われる。
 3行目 「人々は悲嘆の王に苦しめられ」 は、単語の位置関係からすれば、そうも訳せる。

信奉者側の見解

 テオフィル・ド・ガランシエールは、金銀を豊富に持つ王が、約束を違えた人物との戦争を行う予言と解釈した上で、スウェーデン王グスタフ・アドルフの可能性を検討した *4
 その後、20世紀半ばまでこの詩を解釈した者はいないようである。少なくとも、ジャック・ド・ジャンバルタザール・ギノーD.D.テオドール・ブーイフランシス・ジローウジェーヌ・バレストアナトール・ル・ペルチエチャールズ・ウォードマックス・ド・フォンブリュヌ(未作成)ロルフ・ボズウェルアンドレ・ラモンジェイムズ・レイヴァーの著書には載っていない。
 エリカ・チータムは解読不能としていた *5

 セルジュ・ユタンはナポレオンと解釈していた *6

同時代的な視点

 1行目は明らかに金貨の改悪を述べている。
 ピーター・ラメジャラーは、当時の貨幣改悪の動きと、『ミラビリス・リベル』に描かれた予言とが重ねあわされているのではないかとした *7


コメントらん
以下のコメント欄はコメントの著作権および削除基準を了解の上でご使用ください。なお、当「大事典」としては、以下に投稿されたコメントの信頼性などをなんら担保するものではありません (管理者であるsumaru自身によって投稿されたコメントを除く)。

  • 皇室(黄金)がある日本の兵力(青銅)が増大したが、1945年8月8日、日ソ中立協定を破って、ソ連が満州国に侵攻してきた。しかし、国境付近で多くの日本部隊が全滅して、野蛮な血筋のソ連兵に居留民の多くが殺傷・強姦・略奪された。二行の若者は二・ニ六事件を起こした青年将校を指しているようにも思える。 -- とある信奉者 (2013-03-01 02:16:41)

  • 何故、皇室が“黄金の偉大な王家”と表現されているのかを説明したい。マルコ・ポーロの『東方見聞録』で、我が国は「黄金の国 ジパング」と紹介された。「宮殿も黄金で出来ている」と凄く誇張されて紹介された。加えて、黄金は殆ど腐食しないので、万世一系の皇室を表現するのに最適な表現になる。 -- とある信奉者 (2013-03-04 12:00:02)
名前:
コメント: