アンヌ・ポンサルド

  アンヌ・ポンサルド (Anne Ponsarde, 1582年7月18日没)は、サロン=ド=プロヴァンスの住民、ノストラダムスの再婚相手。ノストラダムスとの間に三男三女をもうけた。
 名前はアンヌ・ポンサール(Anne Ponsard)と表記されることもある。最後にジュメルをつけて「アンヌ・ポンサルド・ジュメル」とされることもあるが、ジュメル(Gemelle)は中期フランス語で双子の意味であり *1 、双子であったらしい彼女のあだ名のようなもので、名前の一部ではない *2 。 

生涯

 ノストラダムスとは1547年11月11日に結婚契約書を交わした。ノストラダムスと結婚する前のアンヌの経歴は、前の夫が弁護士ジャン・ボーム(Jean Beaulme)だった事くらいしか分かっていない *3

 生まれた年自体が不明だが、再婚時に仲介の労をとったトミーヌ・ルースとは幼馴染であったらしいので、それをもとに再婚時に30歳くらいだったとする説もある *4 。ただし、広く支持されるにはいたっていない。再婚後14年間に6子をもうけていることから、かなり若かったと推測する者もいる *5

 ノストラダムスの墓銘碑はアンヌの名で刻まれているが、その文面を起草したのは、息子のセザール・ド・ノートルダムだったらしい *6

 1582年7月7日に、息子セザールが知人のトリポリ公の暗殺事件に居合わせ、危うく命を落とすところだったという話を聞き、寝こんでしまう。そのまま、11日後に帰らぬ人となった *7 。死後、当時ノストラダムスが葬られていたのと同じ、サロンのフランシスコ会修道院附属教会に埋葬された。


名前:
コメント: