百詩篇断片・2番


原文

Deus 1 cens soisante en Espayne 2 regner
Despartira 3 son estat deus 4 grands parts
Part en Afrique Romanie seigner 5
Le mauritain afoibly par l’éparts 6 .

異文

(1) Deus : Deux (Ruzo)
(2) Espayne : Espaigne (Ruzo)
(3) Despartira : De partira (Ruzo 1982)
(4) deus : deux (Ruzo)
(5) seigner : Seigner (Ruzo)
(6) l’éparts : departs (Ruzo)

日本語訳

二百六十、スペインにて君臨し、
その身分を二つの大きな部分に分けるだろう。
アフリカでの一部がロマニアに印をつける。
マウレタニア人は閂によって弱められる。

訳について

 1行目の 「二百六十」 は素直に読めば260年間のことだろう。ただし、単位がないので、260人、260町村などとも読める余地はある。
 seigner は signer の綴りの揺れで「署名する」「印をつける」などの意味 *1 。3行目は 「アフリカの一部にロマニアが印をつける」 とも訳せるが、後述のピーター・ラメジャラーの解釈を踏まえた。もっとも、ラメジャラーは saigner (出血する) の綴りの揺れと見なしているようなので、少し訳が違う (DMFには、確かに saigner の綴りの揺れとしての seigner や seiner も載っている)。
 マウレタニアはモーリタニアの語源になった古代アフリカの地域名で、現在のモロッコ、アルジェリアなどを含み、マウリ人などの先住民族がいた *2

解説

 ピーター・ラメジャラーは古代ヴァンダル人がモデルだろうと見なしている *3
 ヴァンダル人はゲルマン民族のひとつで、5世紀初頭に西進し、409年にスペインに侵入・定着した。ヴァンダル人はシリンギとアスディンギという2集団によって構成されており、シリンギはイベリア半島南部、アスディンギは半島北西部に定着した。しかし、西ゴート人の西進によってシリンギは滅ぼされ、アスディンギも429年にアフリカに逃れた。彼らはカルタゴを攻略し、439年にはヴァンダル王国を建国した。国王ガイゼリックは455年にローマを襲撃し、略奪行為に及ぶなど、勢力を伸ばした。しかし、ヴァンダル王国は東ローマ帝国とも対立し、534年に滅ぼされた *4
 スペイン、アフリカ、ロマニア(=ローマの領地)と、確かに登場している地名はヴァンダルの軌跡とほぼ一致する。しかし、ラメジャラーも認めるように、この解釈では 「二百六十」 が不明なままである。


名前:
コメント: