Romanie

  Romanie はノストラダムスの予言に何度か登場する地名。リチャード・シーバースはことごとくルーマニア (ロムニア România, フランス式には Roumanie) の綴りの揺れとみなした。当時は o と ou が交換可能であったので、もっとも素直な読み方といえるだろう。ただし、シーバースは、解釈に際して神聖ローマ帝国と解釈しているケースがある。

  • ピーター・ラメジャラーの訳では、語源に遡った本来の意味である 「ローマの土地」(ローマの支配地域) として訳している箇所が複数ある。
  • マリニー・ローズによると、十字軍が建てたラテン帝国もかつて Romania と呼ばれたという *1
  • エドガー・レオニは、神聖ローマ帝国、イタリアのロマーニャ地方、教皇領(ローマ教皇庁の土地)の3通りの可能性を挙げていた *2
  • 中世史の用語として Romania は、ロマンス諸語(俗ラテン語から派生した諸語。フランス語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、プロヴァンス語、ルーマニア語など)の話される地域を指す言葉として使われる *3

登場箇所


 ほかに百詩篇第4巻36番(未作成)では、イタリアのロマーニャ地方(Romagna, フランス式には Romagne, ラテン語では Romania) の綴りの揺れとして、増補版以降の異文で登場している。

 また、本物かは未確定だが、シャストゥイユが伝えた百詩篇断片2番にも登場している。


名前:
コメント: