衝撃の未来予言 - 2013年地球を揺るがす七大危機

 『 衝撃の未来予言 - 2013年地球を揺るがす七大危機 』 は、2013年1月に竹書房から刊行された著書。いわゆる「コンビニ本」に分類されるようなペーパーバックで、監修者は並木伸一郎


【画像】 表紙

ノストラダムス関連

 表紙にはノストラダムスの肖像が使われ、見出しのひとつに 「ノストラダムスの予言を新発見」 とある。また、第6章は 「ノストラダムスの復活と衝撃の未来予言」(pp.165-191) となっており、一見するとそれなりに扱いが大きいかのようである。

 しかし、第6章の中で実際にノストラダムスに触れられているのはほんの数ページであり、そこでいう 「新発見予言」 は例によってクロケットの四行詩ノストラダムスの予言絵画である。
 前者については「ふたつめの千年紀」(当『大事典』の訳では 「二の千年紀」) という、かつて西暦2000年と解釈され、実際アーサー・クロケットはそういう意図で作成したであろうフレーズを強引に 「西暦2000年“代”」 と読み替えることで期限を先送りした一方、2012年を指すと解釈されていた 「二十たす二かける六」 の詩にはいっさい触れていない。

コメント

 日本のオカルト業界は、粗悪な偽作でしかないクロケットの四行詩ノストラダムスの予言絵画を、いつまで「新発見」といって使い回し続けるのだろうか。


名前:
コメント: