百詩篇断片・5番


原文

De la Champaigne à Rome grand règner
Et les obstacles du millan 1 tous tollus 2
Avand grand monde de toutes parts singler
Hais de Vénus 3 de tous biens ( ... )

異文

(1) millan : mittan (Ruzo 1975)
(2) tollus : tottus (Ruzo 1975)
(3) Vénus : venus (Ruzo)

日本語訳

カンパーニアからローマまで貴人が君臨し、
ミラノによる障害物がことごとく取り除かれる。
あらゆる方向からの多くの人々を導く前に、
すべての物財のせいでウェヌスに嫌われ〔・・・〕。

訳について

 1行目 Champaigne は素直に解釈すればフランスのシャンパーニュ地方 (Champagne) となるだろう。しかし、ノストラダムスは同じ綴りをイタリアのカンパーニア地方にも使っていた。『1562、1563、1564年向けの暦書の予言』では、「イタリアとフランスの Champaigne」 と両方を併記したことすらある *1 。ローマや(おそらく)ミラノ、ヴェネツィアとともに登場していることを考えれば、この場合はフランス北東部のシャンパーニュよりもイタリアのカンパーニア (ナポリ周辺) の方が適切だろう。
 2行目 millan はミラノと訳したが、一般名詞なら「鳶」の意味になる。
 3行目 singler は「航海する、導く」 ないし 「雨風が打つ」 の意味である *2

解説

 ウェヌスヴェネツィアの隠喩だろう。イタリアの政情ないし歴史的事件を何かモデルにしているのだろうが、よく分からない。
 ピーター・ラメジャラーも未特定の同時代の戦いないし政争とコメントするにとどまった *3


名前:
コメント: