樺山紘一

  樺山紘一 (かばやま こういち、1941年- )は、東京都出身の西洋史家、東京大学名誉教授。
 東京大学文学部卒業、同大学院人文科学研究科修士課程修了。京都大学人文科学研究所助手、東京大学文学部教授、同文学部長、国立西洋美術館館長などを歴任した。印刷博物館館長(2009年2月時点)。

 『ゴシック世界の思想像』(岩波書店、1976年)、『歴史のなかのからだ』(ちくま学芸文庫、1993年)、『ルネサンス』(講談社学術文庫、1993年)ほか、著書多数。1989年にテレコム社会科学賞受賞。


【画像】『世界の歴史〈16〉ルネサンスと地中海』カバー(クリックするとAmazon のページに飛びます)

ノストラダムス関連

 高田勇村上陽一郎(未作成)とともに『ノストラダムスとルネサンス』(岩波書店、2000年)の編者を務めた。ほかに、『地中海 - 人と町の肖像』(岩波新書、2006年)では、地中海の歴史を振り返る上でとりあげた12人の1人として、ノストラダムスを扱っている。


【画像】『地中海 - 人と町の肖像』カバー(クリックするとAmazon のページに飛びます)


名前:
コメント: