百詩篇断片・11番


原文

En Syracuse noveau fis figulrer 1
Qui plus sera inhumain et cruel
De non latin en français 2 singulier
Noir et farouche et plus sec que gruel.

異文

(1) figulrer : figulier (Ruzo 1975), figurer (Ruzo 1982)
(2) français : françois (Ruzo)

校訂

 1行目の異文は、3行目との韻を考えれば figulier が最も適切である。
 3行目の異文は時代ごとの正書法の変化によるもので、ノストラダムスの時代には françois のほうが妥当である。

日本語訳

シラクーザで陶工の新しい息子が、
より非人間的で残酷になるだろう。
ラテン民族でない者から独特のフランス人となる。
黒く粗野で、粗い穀粉よりも乾いている。

訳について

 1行目は figulier を採用した。百詩篇正篇では百詩篇第9巻12番で一度だけ使用例があり、「陶工」 の意味だろうという点で諸論者が一致している。なお、figurer なら「作る、デッサンする」などを意味する動詞である *1

 3行目は「ラテン語でないものから独特のフランス語になる(訳される)」とも訳しうるが、人物の描写と判断して訳した。

 4行目 gruel という語は現代フランス語になく、ノストラダムスも百詩篇正篇では一度も使っていない。ピエール・ロレ(未作成)は gruau (挽き割りカラスムギ、穀粒、オートミール) と注記し、ピーター・ラメジャラーはそのまま gruel (薄い粥) と英訳している。DMF、DALF、DFE には見当たらないが、DAF には確かに gruau の意味で載っている。『ジーニアス英和大辞典』では英語の gruel の語源として、あらびき粉を意味する gru に縮小辞 -el がついた古フランス語の gruel から、と説明されている。
 「 gruau よりも乾く」 ということがどういう意味の成句なのかは、古語辞典で gruauや sec を調べても見当たらないのでよく分からないが、文脈からすれば、冷淡さや酷薄さを示すものなのだろう。

解説

 ピーター・ラメジャラーは、『ミラビリス・リベル』に描写された反キリストの侵略がモデルと推測した *2

 シラクーザの独裁者というと古代の僭主たちが思い浮かぶが、「陶工」とのつながりも、後半との繋がりも不鮮明である。


名前:
コメント: