Astrophile

  Astrophile は『予言集』本編には登場しないが、晩年の『暦書』類において、ノストラダムスの肩書きとして登場する単語。「星」 を意味する接頭辞 astro- と 「~の友、~を愛する者」 を意味する接尾辞 -phile の合成で 「星を愛する者、愛星家」 の意味。
 古語辞典の類には見られないが、ノストラダムスよりも一足先に、ラブレーの『第四之書』(1552年) の第18章に登場している。ただし、そこでの用例は 「船長か水路頭」 *1 の意味で使われているようである。当時は天測航法によって、船乗りと星の結びつきが強かったことによるものだろう。

amazon plugin Error : amazonから画像データを取得できませんでした。時間をおいて再度実行してください。また、image=(画像URL)パラメーターを利用することで、画像データを取得せず表示することができます。
【画像】 岩波文庫版 『第四之書』

【画像】 ちくま文庫版 『第四の書』

 英国では宮廷詩人フィリップ・シドニーの詩集 『アストロフィルとステラ』(Astrophil and Stella, 1591年海賊版、1598年正規版) で同じ意味の astrophil が使われた。『アストロフェルとステラ』(Astrophel and Stella) とも表記される。


【画像】 Sir Philip Sidney's an Apology for Poetry/Astrophil and Stella: Texts and Contexts


名前:
コメント: