ノストラダムスと榊くん

 「 ノストラダムスと榊くん 」は、香魚子のマンガ作品。『デラックスマーガレット』 2010年7月号に掲載され、単行本『隣の彼方』に収録された。


【画像】 『隣の彼方』カバー

あらすじ

 主人公の少女 「私」 の隣に越してきた 「榊くん」 は未来を見通す不思議な力を持っていた。積極的に未来を開示したがらない 「榊くん」 にせがんで教えてもらった未来には、「8年後に世界が終わる」 という予言が含まれていた。その予言は 「私」 と 「榊くん」 の関係にも変化をもたらし、やがて成長した 「私」 はその日を迎える。

コメント

 やわらかいタッチの絵柄でつむぎだされる詩的な物語である。
 あらすじからもあるていど明らかなように、ノストラダムスその人が登場しないのはもちろんだが、作品中ではその名前に一度も言及されていない。世界の終わりを告げる少年の隠喩として題名に挙げられているようである。

単行本

 著者の読み切りを集めた単行本 『隣の彼方』 の巻頭に、フルカラーで収録されている(pp.1-8)。

 なお、併録されている作品は、3人の女子高生のすれ違いと友情を描く 「ひみつみっつ」(pp.11-61)、幼馴染との恋愛を描く表題作の 「隣の彼方」(pp.63-132)、交換日記でつながっていたはずの少女たちの二転三転する関係を描く 「Keep a diary」(pp.133-183)の3編である。

書誌

作品名
ノストラダムスと榊くん
著者
香魚子
版元
集英社
出版日
(単行本)2010年11月30日
注記
『隣の彼方』に収録。

外国人研究者向けの暫定的な仏語訳書誌(Bibliographie provisoire)

Titre
Nosutoradamusu to Sakaki kun (traduction / Nostradamus et Sakaki)
Auteur
Ayuko
Publication
Tonari no kanata, Shûeisha, pp.1-8
Lieu
Tokyo, Japon
Date
le 30 novembre 2010
Note
Bande dessinée.


名前:
コメント: