アントワーヌ・ド・ブルボン

  アントワーヌ・ド・ブルボン (Antoine de Bourbon, 1518年 - 1562年) は、ヴァンドーム公、ナヴァル王(在位 1555年 - 1562年)。フランスのブルボン王朝の始祖アンリ4世の実父。

 アントワーヌが生まれたブルボン家は、聖王ルイ9世の末子ロベール・ド・クレルモンの血を引いており、アントワーヌの時代には筆頭親王家として、領地はそれほどでもなかったが、家格はかなり高かった。そして、ナヴァル王家のジャンヌ・ダルブレと結婚したことで、1555年からは妻ジャンヌとともに、共同統治という形でナヴァル王となった。

 アントワーヌは1550年代後半にはプロテスタントに傾倒しており、公然とそれらの運動にも加わっていた。しかし、シャルル9世の時代になってフランス王国総代官の地位についた後、プロテスタントに寛容な一月王令(1562年)が出ると、逆にカトリックへと転向した。彼はそれから間もなく始まった第一次ユグノー戦争ではカトリック側で参戦したが、その戦いで負傷し、その年のうちに逝去した *1

ノストラダムス関連

 ノストラダムスは『1557年向けの大いなる新占筮と驚異の予言』に、アントワーヌあての献辞を掲載した。


名前:
コメント: