mont Aymar

 (le) mont Aymar百詩篇第9巻68番に一度だけ登場する、(おそらくは) 地名。マリニー・ローズは、モンテリマール (Montélimar) の古称のひとつであるモンテルム・アユマルディ (Montellum Aymardi) に基づく表記と理解している *1 。語源に触れていない論者たちも含め、ピーター・ラメジャラージャン=ポール・クレベールリチャード・シーバースらも一致してモンテリマールと解釈している。
 モンテリマールとする読み方は、信奉者のテオフィル・ド・ガランシエール(1672年)の中ですでに見られる。

 信奉者の中には異説を唱える論者もいた。
  • アナトール・ル・ペルチエはギリシア語の aima に由来すると考え、「虐殺の山」と理解した *2エドガー・レオニはこの説とモンテリマールとする説をそれぞれ疑問符つきで併記していた *3
  • エリザベート・ベルクールは、ノストラダムスと同時代にエマル・ジャック (Aymar Jacques) という、ダウジング (占い棒を使った水脈や鉱脈の捜索) で地下水脈を発見する名人がいたと述べ、そこから転じて、le mont Aymar という表現で宝が隠された山のことを言っていると主張した *4
 これらの主張は、いずれも現在では支持しがたいだろう。


名前:
コメント: