バイヨンヌ

  バイヨンヌ (Bayonne) は、フランス南西部の河港都市で、アドゥール川とニーヴ川 (Nive) の合流点に位置する。ピレネー=ザトランティック県に属する。
 古代ローマ時代の城塞都市に起源を持ち、ラテン語名はラプルドゥム (Lapurdum) である。1199年から長らくイングランド領だったが、1451年にフランスに帰属した。
 旧市街やヴォーバンの要塞を含むグランバイヨンヌと、対岸のプチバイヨンヌに分かれる。13世紀から16世紀にかけて建造されたサントマリー大聖堂が、「フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」の一部として世界遺産に登録されている *1

ノストラダムス

 百詩篇では以下の詩篇で言及されている。

 また、百詩篇第1巻79番(未作成)に登場する Bay. は、ほかの地名との類推から、バイヨンヌの略であることが定説化している。

Googleマップ


大きな地図で見る

名前:
コメント: