百詩篇第10巻91番

原文

Clergé 1 Romain l'an mil six cens & neuf 2 ,
Au chef de l'an feras 3 election 4
D'vn gris & noir de la Compagne 5 yssu,
Qui onc ne feut 6 si maling.

異文

(1) Clergé : Clerge 1568A
(2) neuf : vingt 1611B
(3) feras : fera 1590Ro 1627 1644 1649Ca 1650Ri 1653 1665 1668 1672
(4) election : Election 1672
(5) Compagne : Compagnie 1568A 1600 1627 1668, compaignie 1590Ro, compagnie 1644 1650Ri 1653 1665, Campagne 1672
(6) onc ne feut 1568 1772Ri : n'a esté encore 1627, oncques ne fut 1672, onc ne fut T.A.Eds.

校訂

 この詩は4行目が7音節しかないとかねてから指摘されている *1 。韻の踏み方も微妙であり、4行目に1語または数語の欠落があるのは間違いない。何を入れるかについては dans son regne *2 やPontife *3 など、いくつかの候補が挙げられている。

日本語訳

ローマの聖職者よ、千六百と九の年、
その年の初めに、汝らは選挙を行うだろう。
仲間から出た灰色と黒の中から、
かつてないほどの悪しき者が。

訳について

 2行目feras は二人称単数に対応する活用形であり、1行目の「(総称としての)聖職者」を受けている。「汝」とせずに「汝ら」としたのはそのため。

 3行目 Compagneなら「仲間」、Compagnieなら「集団」、Campagneならイタリアのカンパーニア地方となる。

 4行目について。大乗訳では「このような人はけっして悪い人ではなかった」 *4 となっているが、レオニの訳“Never was there one so wicked as he.” *5 、エヴリット・ブライラーの訳“Never was there one so evil” *6 などと比べても不適切。ただし、上で述べたように4行目には明らかに欠落があるため、その内容によってはかなり違った訳になるのかもしれない。

信奉者側の見解

 1609年にローマ教皇選挙(コンクラーヴェ)が行われることを予言しているというのは、誰の目にも明らかである。しかし、1605年に選出されたパウルス5世は1621年まで教皇の座にあり、1609年に選挙は行われなかった。

 これに対する信奉者の見解は様々である。
 エリカ・チータムは、パウルス5世がこの年に一度倒れたとして、予言が的中しかかったと解釈した *7

 他方で、「1609年」に何らかの加算をおこなって、別の年の事件だったと解釈する者もいる。ヘンリー・C・ロバーツ百詩篇第6巻54番をもとに325年を足して、1934年頃にヒトラーが権力の座にのぼりつめたことの予言とした *8

 セルジュ・ユタンは年代には全く触れずにリシュリューの時代のジョゼフ神父と関連付けている *9

同時代的な視点

 当時のパリ市民ピエール・ド・レトワル(未作成)の日記を見ると、1609年2月10日の項目にこの詩が引用され、次のようなことが書いてある。

「この日、ノストラダムスの百詩篇集から抜粋された次のような戯言(la fadaise)が送られてきた。それは今年1609年の教皇の死に関するもので、宮廷やローマで出回っていたものである」 *10

 しかし、上でも指摘したようにこの年にコンクラーヴェは行われなかった。3行目の yssu を Jésus と読むべきという可能性が、複数の論者から挙げられている *11 。それに従えば、「イエズス会から出た灰色と黒の中から」となる。ただ、いずれにしてもノストラダムスがなぜ1609年という年を選んだのかについて、占星術などから根拠付けることには成功していない *12

 ロジェ・プレヴォは、年代付きの予言は切りの良い数字を引いた年にモデルがあるという仮説に基づき、50を引いた年、つまり1559年1月に教皇になったピウス4世(未作成)と結び付けている。4行目 maling は普通 malin と読まれるが、彼の場合、malignier(企む)の派生形と捉え、1564年にピウス4世が大きな陰謀事件の処罰を行ったことと関連付けている *13


名前:
コメント: