百詩篇第6巻46番


原文

Vn iuste 1 sera en exil 2 renuoyé 3 ,
Par pestilence aux confins de Nonseggle 4 :
Responce 5 au rouge 6 le fera desuoyé 7 ,
Roy retirant à la Rane 8 & à l’aigle 9 .

異文

(1) Vn iuste : Unjuste 1672
(2) exil : exii 1650Le
(3) renuoyé : reuuoyé 1653, Anvoyé 1672
(4) Nonseggle : Nonfeggle 1557B 1589PV, Nonsegle 1644 1650Le 1650Ri 1653 1665 1668 1840, Non seggle 1672
(5) Responce : Response 1672
(6) rouge : Rouge 1653 1665 1840
(7) desuoyé: desouyer 1649Ca 1650Le 1668, desvoye 1665 1672
(8) Rane : Rame 1589PV 1600 1610 1627 1644 1650Le 1650Ri 1653 1665 1716 1840
(9) & à l’aigle : & à l’Aigle 1597 1600 1605 1610 1611 1627 1628 1649Xa 1672 1716 1840 1981EB, & l’Aigle 1644 1650Ri 1653 1665

  • (注記1)1588-89では3-4-1-2の順でIV-67に差し替えられている。
  • (注記2)2行目 Nonseggle は初出の 1557U のかすれがひどく、Nonfeggle か Nonseggle かの区別がつかない。とりあえずピーター・ラメジャラーの読みにしたがって、Nonseggle と読んだ。

日本語訳

公正な者が亡命地に戻されるだろう、
ノンセグルの境界地域でのペストによって。
赤き者への返答は彼に道を踏み外させるだろう、
蛙と鷲から国王を取り去りつつ。

訳について

 Nonseggleは不明。現時点では語義を確定しきれない。

 既存の訳についてコメントしておく。
 大乗訳について。
 1行目 「人が追放され」 *1 では、un juste (1人の公正な人) の意味合いが出ない上、renvoyer (送り返される) の意味合いも出ていない。
 4行目 「カエルと鷲へ退却するだろう」 では roy (王) が訳に反映されておらず、明らかにおかしい。

 山根訳は特に問題は無い。 

信奉者側の見解

 Nonseggleの難解さにもよるのだろうが、全訳本のたぐいでしか解釈されてこなかった詩篇である。
 テオフィル・ド・ガランシエールは、鷲が神聖ローマ皇帝、蛙がフランス王だろうとしたが、ノンセグルは意味不明とし、それ以外の解釈や語注は行わなかった *2

 エリカ・チータムは1行目をルイ18世に当てはめられる可能性を示したが、全体としては意味不明とした *3
 セルジュ・ユタンは、1行目はナポレオンの百日天下のときに内相になった大カルノーのことで、復古王政についての予言と解釈した *4
 ジョン・ホーグは、Nonseggleをベルギーのモンス (Mons) とドイツのリーゲル (Riegel) を組み合わせたものとし、ルイ18世が亡命中にモンスやリーゲルに滞在していた時期があることと解釈した *5

同時代的な視点

 ピーター・ラメジャラーは2003年の時点では、百詩篇第5巻3番を引き合いに出しつつ、蛙が海賊艦隊、鷲がカール5世で、赤き者は枢機卿などと解釈していたが、事件そのものは特定できないとしていた。
 2010年になると、出典を特定できないのは相変わらずだが、部分的にはウルリヒ・フォン・フッテンのエピグラムに触発されているという見解を示した *6 。なお、蛙は疑問符つきでヴェネツィアのことではないかともされている。

 Nonseggleが説得的に解明されないことには、そもそも詩の主たる舞台すら特定できない。


コメントらん
以下のコメント欄はコメントの著作権および削除基準を了解の上でご使用ください。なお、当「大事典」としては、以下に投稿されたコメントの信頼性などをなんら担保するものではありません (当「大事典」管理者である sumaru 自身によって投稿されたコメントを除く)。

  • ホーグの解釈はNonseggleの項目に「とある信奉者」さんが寄せてくださったコメントに触発されて加筆したものです。--sumaru

名前:
コメント: