Nonseggle

  Nonseggle百詩篇第6巻46番に登場する単語。意味が確定しているとは言えず、以下のようにさまざまな可能性が指摘されている。
  • アナトール・ル・ペルチエはパリ近郊サン・クルーの市場町の古称ノニゲトゥム (Nonigetum) からとした。
  • エドガー・レオニは未解明の固有名詞として、特定の見解は挙げなかった (解釈のページでル・ペルチエの見解に触れてはいる) *1
  • マリニー・ローズは合成語の誤植とみなし、de nom de seigle (ライ麦の名前の) の変形として、コース地方のライ麦の産地セガラ (Ségala) などの可能性を示した *2
  • ピーター・ラメジャラーは、ラテン語の sigilla (小像、印章)に基づいて、nom-de-sceau (印璽の名前)と読み替え、古代ローマの印章市 (Market of the Sigils) と解釈した *3リチャード・シーバースはこの読み方を支持した。
  • ジャン=ポール・クレベールは、特定できない地名とした上で、百詩篇第6巻7番(未作成)でノルウェー (Norvège) と思われる地名が Norneigre と書かれていることをもとに、Norseggle の誤記で、ノルウェーのことではないかという可能性を示した *4


コメントらん
以下のコメント欄はコメントの著作権および削除基準を了解の上でご使用ください。なお、当「大事典」としては、以下に投稿されたコメントの信頼性などをなんら担保するものではありません (当「大事典」管理者である sumaru 自身によって投稿されたコメントを除く)。

  • ホーグによればノンセグル Nonseggleとは ベルギーの町 Mons と ドイツ連合 なかの Riegel のために創ら れた暗号だと言う。ベルギーで行われ,ナポレオンがイギリス軍やプロイセン軍に敗れたワーテルローの戦いを暗示しているという。 -- とある信奉者 (2013-07-05 21:57:32)
名前:
コメント: