Tanabbūʼat nūstarādamūs : wa-mukhaṭṭaṭ al-yahūd wa-al-ʻalam al-Islāmī


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 『 ノストラダムスの予言 : ユダヤの陰謀とイスラーム世界 』(أحداث آخر الزمان - تنبؤات نوستراداموس ومخططات / Tanabbūʼat nūstarādamūs : wa-mukhaṭṭaṭ̄ al-yahūd wa-al-ʻalam al-Islāmī) *1 は、マンスール・アブドルハキームの著書。2004年にカイロとダマスカスでダール・アルキターブ・アルアラビー (アラビア語書館) から刊行された。ISBNは977-376-046-4。

 表紙には六芒星に囲まれたノストラダムスと思しき人物の顔を描いたイラストがある。

内容

 副題に表れているように、フリーメーソン陰謀論やユダヤ陰謀論と関連付けて、ノストラダムス予言を解釈していくものだという。諸世紀という不適切な訳がアラブ世界にも波及している例でもある。

 著書後半は百詩篇の全訳になっており、百詩篇第1巻1番から第10巻100番までの正篇(942篇)が、アラビア語のみで収められている。

参考外部リンク



コメントらん
以下のコメント欄はコメントの著作権および削除基準を了解の上でご使用ください。なお、当「大事典」としては、以下に投稿されたコメントの信頼性などをなんら担保するものではありません (当「大事典」管理者である sumaru 自身によって投稿されたコメントを除く)。

  • 本書は一般社団法人潜在科学研究所主任研究員の羽仁礼氏にご寄贈いただき、日本語訳や著者・出版社名のカナ転写についてもご教示いただきました。ご厚意に感謝するとともに、潜在科学研究所の一層の発展を祈念いたします。 -- sumaru (2013-11-16 11:26:04)
名前:
コメント: