マジシャンズ

 「 マジシャンズ 」は江原正一(栗原正尚)の漫画作品。週刊少年ジャンプの新人漫画賞であるホップ・ステップ賞の審査員賞受賞作品で、『ホップ・ステップ賞SELECTION』第10巻 (集英社、1993年) に収録されている。


【画像】 『ホップ・ステップ賞SELECTION』第10巻

あらすじ

 舞台は1996年の日本。ユダヤ系フランス人の父、神楽坂トニーと日本人の母親の間に生まれた神楽坂皇介は魔術の才能を持つが、おもしろおかしく生きようとする高校生。父トニーから魔族の存在を知らされても信じようとしなかったが、魔族とのトラブルに巻き込まれ、18代目ノストラダムスとして、トランプを利用した魔術を駆使して立ち向かう。

【画像】神楽坂皇介の名乗りのシーン *1

コメント

 ノストラダムスが魔術師でもあり、魔族退治を行っていたという設定になっており、主人公はその末裔とされている。ノストラダムス本人は冒頭の人物紹介と、トニーの説明の中のイメージカット (下図参照) くらいしか登場しない。

【画像】魔族退治を行うノストラダムス *2

 ミシェル・ゼヴァコの小説のように、ノストラダムスを冒険物語の主人公に仕立て上げた例は、海外にもないわけではない。しかし、上図のように、徒手空拳で魔族に突っ込む武闘派魔術師としてノストラダムスを描いた例は、おそらく海外にも存在しないのではなかろうか。

 この作品に対するジャンプ編集部の講評には、「既成作家の影響を超え、独自の作風を確立せよ」とある *3 。「既成作家」 が誰なのかは明記されていないが、上の皇介の名乗りのシーンからも明らかなように、おそらく荒木飛呂彦を指しているものと思われる。この作品が発表された1990年代初頭は、週刊少年ジャンプで 『ジョジョの奇妙な冒険』 の連載が人気を博していた時期に当たっている。なお、栗原正尚はのちにドラマ化もされた大ヒット作 『怨み屋本舗』 を発表しており、独自の作風の確立に成功していることを付記しておく。


【画像】 ジョジョの奇妙な冒険 第3部 スターダストクルセイダース 総集編 Vol.5


名前:
コメント: