19世紀までの主要な伝記の翻訳

 ノストラダムスについては、過去に多くの論者が伝記をまとめてきた。ことに、ジャン=エメ・ド・シャヴィニー(1594年)以来、19世紀ごろまでにまとめられた伝記は、真偽不明の情報も含め、ノストラダムスの伝説的な姿を作り上げることに大きく影響した。
 そこで、近代のノストラダムスの伝記やそれに準ずる情報について、当「大事典」はいくらかの全訳を提供し、過去における伝説の形成過程解明の一助とすることを企図している。



名前:
コメント: