La Vie de Nostradamus (Haitze)

 『 ノストラダムスの生涯 』(La Vie de Nostradamus) は1711年にエクス=アン=プロヴァンス(未作成)で刊行されたピエール=ジョゼフ・ド・エーツによる伝記。翌年にも再版され、伝説的なノストラダムス像の形成にも影響した。

題名

  • LA VIE DE NOSTRADAMUS.
    • PAR PIERRE JOSEPH.
    • De filiis quoque Isachar, veri eruditi, qui noverat singula tempora. Paralip. Lib. 1, cap.12, v.32
    • A AIX,
    • Chez la Veuve de CHARLES DAVID, & JOSEPH DAVID, Imprimeur du Roi & de la Ville.
    • 1711

  • ノストラダムスの生涯
    • ピエール・ジョゼフによる。
    • 「イサカル族の者たちは、あらゆる時を認識し、識別する能力に長けていた」『歴代誌・上』第12章32節
    • エクス、
    • シャルル・ダヴィドの未亡人およびび国王と市の御用印刷業者ジョゼフ・ダヴィドの工房にて。
    • 1711年

 1712年の再版時も変化はなく、年号部分がローマ数字で M. DCC. XII. となっただけである。

注記

 『歴代誌・上』からの引用は、1789年の『ミシェル・ノストラダムスの生涯と遺言』で、そのまま真似されることになる。関連する情報はそちらの記事を参照のこと。

所蔵先

1711年版
  • フランス国立図書館
  • バイエルン州立図書館

1712年版

内容

 当「大事典」では、将来的に全訳を提供したいと考えている。当面は『ミシェル・ノストラダムスの生涯と遺言』の伝記の注記(エーツの伝記と1789年の伝記の比較)を参照のこと。


名前:
コメント: