百詩篇第8巻12番

原文

Apparoistra aupres 1 de Buffalorre 2
L'hault 3 & procere entré 4 dedans Milan
L'abbé 5 de Foix auec 6 ceux de saint 7 Morre 8
Feront la forbe 9 abillez 10 en vilan 11 .

異文

(1) aupres : au pres 1568A 1590Ro
(2) Buffalorre : Buffalatre 1627, Buffalarre 1644 1650Ri 1653 1665 1840
(3) L'hault : Le haut 1590Ro, L'hout 1665
(4) entré : entre 1568A
(5) L'abbé : L'abbe 1568A, L'Abbé 1597 1600 1605 1610 1627 1644 1649Xa 1650Ri 1653 1665 1672 1716 1772Ri
(6) auec : & auec 1653 1665
(7) saint : Saint 1672 1772Ri
(8) Morre : morre 1568A 1590Ro, Morte 1627, More 1611B 1660, Maure 1672
(9) forbe : forb. 1653 1665, fourbe 1672
(10) abillez 1568A 1568B 1568C 1590Ro 1772Ri : habillez T.A.Eds.
(11) vilan : vilain 1605 1628 1649Xa 1649Ca 1650Le 1653 1665 1668 1840

校訂

 3行目 saint は固有名詞の一部であろうから、Saint となっているべき。
 4行目 forbe は fourbe となっているべきだが、当時は o と ou は交換可能であったので、誤記というわけではないだろう。
 abillez は habillez (habillés) と同じだが、これも綴りの揺れの範囲の可能性がある。

日本語訳

ブッファローラの近くに現われるだろう、
ミラノ入りした高貴にして長身の男が。
フォワの大修道院長はサン・モールの人々とともに、
農夫の身なりで、ぺてんにかけるだろう。

訳について

 3行目 「サン・モール」 は後で紹介するロジェ・プレヴォの読みに従うならば、「サン・モリッツ」とすべきだが、ひとまずは直訳した。

 既存の訳についてコメントしておく。
 大乗訳について。
 1行目 「バッファロー近くにあらわれ」 *1 は例によって固有名詞の読み方の誤りだが、イタリアの都市ブッファローラをバッファローと混同するのはどうなのだろうか。
 2行目 「高く高く ミランにやってきて」 は前半に定冠詞が付いていることから言っても、副詞的に理解することが不適切だろう。
 4行目 「要人のような衣を着て」 は不適切。vilain が 「要人」 となる根拠が不明。ヘンリー・C・ロバーツの英訳でも villain が当てられているので、どういう判断なのか掴みかねる。

 山根訳について。
 1・2行目 「彼はブッファローラの近くに出現する/高貴の生れで背の高い者 ミラノに入る」 *2 は、直訳としては誤りではないが、普通は2行目に描写されている人物が1行目の主語になっていると判断される。ピーター・ラメジャラージャン=ポール・クレベールリチャード・シーバースらはいずれもそう読んでいる。
 3行目 「フォワの司祭 聖マルコの民を伴い」は Saint Morre を聖マルコと解するのが疑問。元になったエリカ・チータムの原書には、訳文にその語はないものの、確かに解説文中になら St. Mark とある。しかし、「聖マルコの民はベネディクト会士を意味する。なぜならばその会派はフランスでは聖マウルスによって設立されたからだ」 という文脈を見る限りでは単なる誤植ではないかと思われる。

信奉者側の見解

 ジャン=シャルル・ド・フォンブリュヌのような例外を除けば、全訳本の類でしか解釈されてこなかった詩篇である。

 テオフィル・ド・ガランシエールは、「Bufaloreは意味不明な単語である。フォワはフランスの地方で、サン・モールはそこにある小さな町だ」とだけ述べていた *3

 ヘンリー・C・ロバーツは 「フォワとサン・モールはフランスの町である。この詩はそれらのコミュニティの聖職者たちの論争に関連する」 *4 とだけ述べていた。

 エリカ・チータムは、前述のように、いくつかの単語について解説したものの、全体については説明していなかった。

 セルジュ・ユタンはナポレオンについてと解釈し、ボードワン・ボンセルジャンの補訂でもそのままだった *5

 ジャン=シャルル・ド・フォンブリュヌは、イタリア統一戦争に参戦していたナポレオン3世が、1859年にヴィラフランカ条約によってイタリアを裏切り、オーストリアと単独講和に踏み切ったことなどと解釈した *6

同時代的な視点

 この詩については、ロジェ・プレヴォが影響力のある解釈を展開した *7
 マリニャーノの戦い (1515年。イタリア戦争に含まれる一戦で、大勝したフランスがミラノを手に入れた) に先立ち、フランス王フランソワ1世はスイス傭兵の徴募のために、オデ・ド・グライイ・ド・フォワ=ロートレックをブッファローラに派遣した。グラウビュンデン州出身 (スイス傭兵は州ごとに派遣された) のスイス兵たちは、自分たちの俸給を積んだ馬車を攻撃し、略奪行為に及んだ。
 プレヴォは、Saint Morre をグラウビュンデン州の都市サン=モリッツ (Saint-Moritz) と読み替えている。また、グラウビュンデン州出身の傭兵を Soldats paysans (農民の兵士) と表現している。これが出自を言ったものか、扮装を言ったものかは文脈からはよく分からない。
 この解釈の場合、2行目に描かれているのはフランソワ1世ということになる。

 ピーター・ラメジャラーはこれを支持している。
 ジャン=ポール・クレベールも評価しているが、大修道院長などがオデ・ド・フォワに適合しないことも指摘している。プレヴォは一応、オデの兄が元・使徒座書記官などであったことには言及しているが、確かに苦しいことは否めないだろう。もっとも、オデ・ド・フォワの名前と、大修道院とともに発展してきたフォワの町、およびサン=モリッツとサン・モール (聖マウルス) をそれぞれ掛けた地口が土台になっていると考えれば、大修道院云々には深い意味がないのかもしれない。


名前:
コメント: