マウレタニア

  マウレタニア (Mauretania) ないしマウリタニア (Mauritania) は、古代ローマ時代にマウリ人 (Mauri) が住んでいたアフリカ北西部の地域を指した名称である。現在のモーリタニアの語源になった。

 マウリ人はもともとフェニキア語で「西の人々」を意味したといい *1 、北アフリカの先住民族ベルベル人のことだったが、のちにはより広くマグレブ (北アフリカのイスラム諸国。古くはスペインも含む) に住むイスラム教徒全般と捉えられるようになった。英語ではムーア (Moor)、フランス語ではモール (Maure) で、日本ではムーア人表記が多いが、当「大事典」の訳語では原則として モール人 で統一する。

関連項目



名前:
コメント: