ブレッシャ

  ブレッシャ (Brescia) はイタリア、ロンバルディア州ブレッシャ県の県庁所在地。日本では ブレシア とも表記される。

概要

 アルプス山脈南麓の交通の要衝として古くから栄え、古代ローマ時代にはブリクシア (Brixia) と呼ばれていた。

 その後、ロンゴバルド公領、ロンバルディア都市同盟に属する自由都市などを経て、1426年以降、ヴェネツィア領となった。15世紀から16世紀にかけては、ブレッシャ派と呼ばれる絵画の一派でその名を知られた *1

ノストラダムス関連

 ノストラダムスはこの都市のことを Bresse と表記したと考えられている。しかし、この綴りはフランスのブレス地方のことでもあり、文脈から識別される。
 『予言集』における Bresse の登場箇所は3篇である。そのうち、百詩篇第7巻31番がブレッシャであることには異論がない。逆に、百詩篇第5巻82番(未作成)がブレスであることもまず間違いない。残る百詩篇第1巻6番は意見が分かれている。

Googleマップ


名前:
コメント: