シチリア島

  シチリア島 (Sicilia) はイタリア南部にある地中海最大の島であり、面積は25,707 km 2 (日本の四国の1.5倍弱)。イタリアのシチリア自治州を構成する。フランス名はシシル (Sicile)で、日本では英語名のシシリー (Sicily) も比較的使われる。


【画像】『シチリアへ行きたい』

概要

 少なくとも紀元前13世紀ごろから人が住んでおり、その頃から数百年間におよぶパンターリカの岩壁墓地遺跡は、古代ギリシア・ローマ時代の建造物群が多く残る主要都市シラクーザとともに、ユネスコの世界遺産リストに加えられている。

 古代ギリシア時代の名称はトリナクリアで、この名称は島が三角形であることに由来する。

 地中海を制する上での地理的重要性から様々な勢力が入植、侵略してきた歴史を持ち、中世にはパレルモを首都とするシチリア王国が成立するが、その王家もめまぐるしく交替した *1


【画像】『中世シチリア王国』

ノストラダムス関連

 ノストラダムスの予言では、以下の詩篇で直接的に言及されている。ただし、綴りにかなり揺れがあるため、以下のリストは万全なものでない可能性がある。

 また、古称のトリナクリアは百詩篇第8巻84番(未作成)アンリ2世への手紙で言及がある。さらに、島内の主要都市パレルモシラクーザやエトナ山は、それぞれ別個に予言詩で言及されている。


名前:
コメント: