サルデーニャ島

  サルデーニャ島 (Sardegna) はシチリア島に次ぐ地中海第2位の面積を持つ島であり、イタリアのサルデーニャ自治州を構成している。フランス式にはサルデーニュ (Sardaigne)。
 紀元前16世紀ごろから作られたヌラーゲの住居跡は石造の防衛機構で、ス・ヌラーゲ・ディ・バルーミニの名でユネスコの世界遺産リストに登録されている。
 紀元前7世紀にはフェニキア人が入植し、のちにローマ人たちも入植した。6世紀以降ビザンティン帝国の支配下にあったが、のちにピサ、ジェノヴァといった都市国家の支配を受けるなど、様々な国の支配を受けた。1861年にイタリアに統一。

 最高峰プンタ・ラ・マルモラ (1834 m) をはじめとする山がちな地形で、古くから農牧畜業が主産業となってきた。特に牧畜は料理をはじめとする郷土文化とも深く結びついている *1


【画像】『地中海の聖なる島サルデーニャ』

ノストラダムス関連

 ノストラダムスの予言では、以下の詩篇で言及されている。

 このほか、百詩篇第8巻49番に登場する Tardaigne はサルデーニャの誤植という説もある。


名前:
コメント: