マコン

  マコン (Mâcon) はフランス、ソーヌ=エ=ロワール県の県庁所在地。

概要

 古代ローマ時代にはアエドゥイ人の居住地で、古称はマティスコ・アエドゥオルム (Matisco Aeduorum)。マティスコは山や森を意味する語幹に接尾辞がついたものらしい *1

 16世紀にはプロテスタントの拠点として、ユグノー戦争での荒廃を経験した。

 18世紀末には詩人ラマルチーヌがこの町で生まれた。現在はオートバイをはじめとする工業生産を行なっている *2

ノストラダムス関連

 『予言集』でマコンが直接登場するのは、正篇2篇と補遺篇1篇の計3篇である。


名前:
コメント: