テージョ川

 テージョ川 (Tejo) はスペイン、ポルトガル国内を流れるイベリア半島最長の川。スペイン国内ではタホ川 (Tajo) と呼ばれる。古代ローマ時代の名称はタグス川 (Tagus) で、フランス語名はタージュ川 (Tage) である。

【画像】テージョ川の流れ*1

概要

 水源はマドリードの東130 km のウニベルサレス山地に発し、全長は1,007 km。語源は断崖などの意味とされ*2、流れの速さから特にスペイン国内では大洪水を引き起こすこともしばしばであった。スペインでは1960年代以降、流域に次々とダムが建設され、重要な電源地帯となった。
 ポルトガル国内に入ってテージョ川と名を変え、大西洋に注ぐ。河口付近に発達したのがポルトガルの首都リスボンである*3

ノストラダムス関連

 『予言集』ではフランス式の Tage で登場する箇所はない。


名前:
コメント: