グルノーブル

  グルノーブル (Grenoble) はフランス南東部、イゼール県の県庁所在地で、イゼール川とドラック川の合流点付近に発達した。

概要

 クラロ (Cularo) あるいはグラティアノポリス (Gratianopolis) という古称を持つ。旧市街は3世紀末のディオクレティアヌス帝時代に起源を持ち、市内現存最古の建造物であるサン=ローラン教会(11世紀以降)が残る。近世・近代には手袋製造業が栄え、18世紀には機械技師ヴォーカンソン、作家スタンダールを輩出した。

 旧市庁舎がスタンダール記念館となっているほか、稀覯書の所蔵で知られる市立図書館にはスタンダールの草稿も残る。

 1968年には冬季オリンピック開催都市となった *1

ノストラダムス関連

 南仏の主要都市のひとつなので、当然ノストラダムスは立ち寄ったことがあったろうが、直接的な記録はないようである。

 前記のように、グルノーブル市立図書館は客観的にも著名ではあるが、ノストラダムス関連でもいくつかの稀覯書を所蔵している。その中で価値が高いのは、第2部のみの不完全な版とはいえ最初の完全版(当「大事典」の分類で言うところの1568A)を所蔵していることであろう。
 また、詳細不明の1804年版『予言集』も所蔵されているようである。

 『予言集』での登場箇所は
の2箇所しかない。

地図


名前:
コメント: