ジュネーヴ

  ジュネーヴ (Genève) はスイス、ジュネーヴ州の州都。レマン湖畔に発達した都市で、現在では赤十字国際委員会、国際労働機関(ILO)、世界保健機関(WHO)、欧州原子力研究機関(CERN)など、多くの国際機関の本部が置かれる国際都市である。

概要

 古くはガリア人が建設した都市で、ラテン語の古称はゲナウァ (Genava) およびゲネウァ (Geneva)。司教所在地となり、今もジュネーヴ州の紋章に描かれている半分の鷲と半分の鍵は、神聖ローマ帝国とローマ・カトリック司教を示すという。

 百年戦争時に銀行業や商業が発達し、サヴォワ家(サヴォイア家)の干渉に抵抗しつつ自治権を拡大していき、16世紀に大きな変化を経験した。1530年代からプロテスタントの影響が強くなったジュネーヴにはジャン・カルヴァンが移り住み、神権政治を行なったのである。こうしてジュネーヴは一時「プロテスタントのローマ」と認識されるようになった。

 18世紀にはジャン=ジャック・ルソーを輩出したほか、多くの知識人がこの町を訪れ、思想の町としても名を馳せるが、フランス革命期に一時フランスに併呑され、設置されたレマン県の県庁所在地となった。1815年にスイス連邦への加盟を果たし、今に至る。

 第一次世界大戦後には国際連盟の本部が置かれるなど、近現代には国際都市としてその名を知られている *1

ノストラダムス関連

 ノストラダムスが生きていた時代のジュネーヴはプロテスタントの一大拠点であり、少なくとも公にはカトリックを標榜していたノストラダムスが訪れたことはなかったであろう。
 『予言集』では以下の詩篇で言及されている。

関連項目



名前:
コメント: