セヴェンヌ

  セヴェンヌ (Cévennes) はフランス中南部、マシフ・サントラル (中央山塊) 南東縁に位置する山脈であり、北東から南西へとおよそ220 km にわたって伸びている。最高峰はメザンク山(標高1,754 m)。1970年にセヴェンヌ国立公園が設定された。古くから農牧畜業が盛んであり、その農牧畜景観はコース地方のそれとともに、2011年にユネスコの世界遺産リストに登録された *1

ノストラダムス関連

 『予言集』では百詩篇第2巻64番で一度だけ、古称のゲベンナで登場する。


名前:
コメント: