百詩篇第9巻84番


原文

Roy exposé 1 parfaira 2 L'hecatombe 3 ,
Apres auoir trouué 4 son origine 5 ,
Torrent 6 ouurir 7 de marbre 8 & plomb 9 la tombe 10
D’vn 11 grand Romain d’enseigne 12 Medusine 13 .

異文

(1) exposé : expose 1590Ro
(2) parfaira : parfera 1590Ro 1600 1610 1627 1630Ma 1644 1650Ri 1653 1665 1840
(3) L’hecatombe 1568B : l’hecatombe T.A.Eds. (sauf : Lhe catombe 1568A 1590Ro, l’Hecatombe 1672)
(4) trouué : treuué 1627 1630Ma
(5) origine : Origine 1672
(6) Torrent : Toran 1572Cr, Corrent 1653 1665
(7) ouurir : ouury 1572Cr
(8) marbre : Marbre 1672
(9) plomb : Plomb 1672
(10) tombe : tumbe 1627 1630Ma, Tombe 1672
(11) D’vn : d’un [sic.] 1772Ri
(12) d’enseigne : d’Enseigne 1672
(13) Medusine : mis en confusion 1572Cr

日本語訳

さらされた王がヘカトンベを完成するだろう、
その原点を発見したあとで。
奔流が大理石と鉛の墓を開く、
メドゥーサの印を持つ偉大なローマ人の(墓を)。

訳について

 2行目の origine は王の出自とも、ヘカトンベの起源とも解釈しうる。なお、origine は女性名詞だが母音で始まるので、所有形容詞に son を取ることは自然である。

 4行目 Medusine はこの詩のみに登場する語。現代語にないのは勿論、古語辞典にも見当たらない。しかし、Méduse (メドゥーサ) の派生語であろうという点にはほとんど異論がない *1エドガー・レオニは「メドゥーサの」を意味するラテン語 Medusaeus からではないかとした。なお、ジャン=ポール・クレベールによると、ノストラダムスと同時代の詩人ロンサールも Medusin という語を使っていたという *2 。ノストラダムスが使った Medusine はその女性形と見なすことができるだろう。

 既存の訳についてコメントしておく。
 大乗訳について。
 1行目「あばかれた王は多くのいけにえに満たされ」 *3 は、不適切。ヘカトンベを「多くのいけにえ」と意訳することがまず微妙だし、ヘンリー・C・ロバーツの英訳で fulfill が使われているのは、それで満たすということでないはずである。
 2行目「彼の子孫をみつけた後に」は誤訳。上で述べたように、「先祖」の誤りだろう。これはロバーツも offsping と訳していたので、誤訳を引き継いでしまった形である。
 3行目「急流は大理石と鉛でできた像を開き」は転訳による誤訳。ロバーツはきちんと sepulchre (墓所) を使っているが、sculpture (彫像) とでも見間違えたか。
 4行目「ローマ人にメドジアのもくろみを」も転訳による誤訳だろう。「もくろみ」はロバーツの design を訳したものだが、原文の enseigne に「もくろみ」などという意味はない。なお、「メドジア」について、大乗訳ではきちんと見た者を石にするギリシア神話の姉妹と注記されているが、普通は「メドゥーサ」「メデューサ」などと表記するだろう。

 山根訳は、2行目の扱いに若干の疑問もあるが、おおむね許容範囲内であろうと思われる。

信奉者側の見解

 テオフィル・ド・ガランシエールは前半と後半で別の事柄を描写しているとして、前半は何らかの葬礼を執り行う王について、後半は洪水によって出土する古代ローマ人の墓所についてと解釈した *4
 その後、20世紀に入るまでこの詩を解釈した者はいないようである。少なくとも、ジャック・ド・ジャンバルタザール・ギノーD.D.テオドール・ブーイフランシス・ジローウジェーヌ・バレストアナトール・ル・ペルチエチャールズ・ウォードアンドレ・ラモンジェイムズ・レイヴァーの著書には載っていない。

 マックス・ド・フォンブリュヌ(未作成)(1938年)は Medusine を DEUS IN ME (神は我の内に) のアナグラムとした上で、未来の教皇に関する予言と解釈した *5
 ロルフ・ボズウェル(1943年)は未来のフランス王の予言と解釈した。なお、彼はMedusine を Melusine (メリュジーヌ。中世の伝説に登場する半人半蛇の美女) と書き換えた *6
 未来の大君主に関する予言とするのはセルジュ・ユタンも同じであった *7

 エリカ・チータムは DEUS IN ME とアナグラムする解釈を踏襲し、かつて発見された聖ペテロの墓は別の初期教皇の墓であって、将来に洪水によって真の墓が発見される予言と解釈した *8

同時代的な視点

 エヴリット・ブライラーは Roy exposé を 「国王の花嫁」(Roy esposée/épousée)、medusine を Medici と読み替えることで、カトリーヌ・ド・メディシスをモデルにした詩で、彼女がローマにつながる由緒ある血統であると示すとともに、メドゥーサを連想させる綴りで皮肉を込めたと解釈した *9

 ピーター・ラメジャラーは大洪水によって出土する考古学的発見に関する詩とした *10
 ノストラダムスは洪水による考古学的発見と思われる詩を他にも書いており(百詩篇第8巻29番百詩篇第9巻9番など)、可能性は認められるべきだろう。

 なお、古代に魔除けと考えられていたメドゥーサの首が墓に描かれていたとしても、それ自体は特段おかしなことではないものと思われる。


名前:
コメント: