Ioyne

  Ioyne (Joine, Jouine) は現代語の Jeune (若者) と同じ。
 19世紀のアナトール・ル・ペルチエは、ロマン語の Joyne からとしていた *1 。ロマン語の Joyne はLTDFでも語源として言及がある。そのLTDFでは、プロヴァンス語で若者を意味する語として、Jouine (地域的な表記揺れとして Joine)が挙げられているので、そちらからと見ても良いのではないかと思える。

 ジャン=ポール・クレベールは、イオニア人 (Ionien) と同一視しているが *2 、適切な読みとは思えない。プロヴァンス語に通暁したクレベールらしからぬ判断ではないだろうか。

登場箇所



名前:
コメント: