ネロ

  ネロ (Nero) 、ネロ・クラウディウス・カエサル・アウグストゥス・ゲルマニクスは、ローマ皇帝(在位54年 - 68年)。暴君の代名詞としてその名前が知られている。フランス語では ネロン (Néron)。


【画像】『ナショナル ジオグラフィック日本版』2014年9月号

概要

 西暦37年12月15日にイタリアのアンティウム (現アンツィオ) にて、名家の父ルキウス・ドミティウス・アエノバルブスと、カリグラ帝の妹にあたる母アグリッピナの間に生まれた。
 幼くして父と死別したが、アグリッピナと再婚したクラウディウス帝の養子となり、その娘オクタウィアと結婚したことで、クラウディウスの死後、16歳で帝位についた。

 当初は善政を敷いたが、母親殺しも含む乱行によって、次第に悪評が上回るようになった。64年のローマ大火も、ネロはキリスト教徒の仕業だとして迫害を強めたが、人々はネロ自身の新宮殿建設用地獲得のために仕掛けられたものであると噂した。

 ネロは反逆罪の疑いを掛けた資産家たちから次々と財産を没収したが、これが元老院の反発を招き、過酷な徴税のせいで属州の支持も失った。そして、属州での反乱を鎮圧しきれぬ中で親衛隊の支持も失ったネロは、68年6月9日、逮捕に赴いた兵士たちに囚われることをよしとせずに自害した *1

再来のネロ

 しかし、ネロの悪政とあっさりとした自害は、実はネロが生きて東方に逃れており、いずれ大軍を率いて舞い戻ってくるという 「再来のネロ」 の伝説を生み出すことになった。
 ネロはキリスト教徒にとっては、母親を殺した、自らを神と宣言した、キリスト教徒を迫害したなどの諸要素によって、反キリストのイメージの形成に大いに寄与した。聖書の外典・偽典の中には、「再来のネロ」のモチーフは複数登場しており、『イザヤの殉教』では、悪魔ベリアルとネロが同一視されている。また、『シビュラの託宣』においても、「再来のネロ」のモチーフは複数箇所で述べられており、当時の黙示的終末論に大きく影響した *2

 新約聖書の『ヨハネの黙示録』にも、「再来のネロ」のモチーフが現れているという説は、広く知られている。

「また私は、一匹の獣か海から〔陸地へと〕上がってくるのを見た。その獣は十本の角と七つの頭を持っており、その角の上には十の王冠を戴き、またその各々の頭には神を冒瀆する[さまざまな]名前が記されていた。(略)獣の頭の一つは傷を受けて死にかけているように見えたが、その致命的な傷が治ってしまった」(ヨハネの黙示録・第13章1・3節、小河陽訳) *3

 この致命傷が治る獣の頭については諸説あるが、「再来のネロ」伝説の投影だという説があり *4 、「最も蓋然性が高い」説という評価もある *5

 このほか、『ヨハネの黙示録』では、獣の数字六百六十六がネロを指しているという説の存在も広く知られている。

ノストラダムス関連

 ノストラダムスは百詩篇集でネロの名前に3回直接的に言及しているが、すべて第9巻に集中している。

 このほか、アエノバルブス家の出身ということから、百詩篇第5巻に2回登場するAenobarbeがネロを指しているという説がある。


amazon plugin Error : amazonから画像データを取得できませんでした。時間をおいて再度実行してください。また、image=(画像URL)パラメーターを利用することで、画像データを取得せず表示することができます。
【画像】旧ビックリマン 第8弾 ヘッド 魔肖ネロ
(サブカルチャーにおける暴君の象徴としての利用例)


名前:
コメント: