nud

  nud は中期フランス語における nu (裸の) の綴りの揺れ *1

登場箇所


 ただし、百詩篇第1巻86番(未作成)ではnue が使われており、nud に統一されているわけではない。


名前:
コメント: