ドール

  ドール (Dole) は、フランス、ジュラ県ドール郡の郡庁所在地。かつてはフランシュ=コンテの首都だった。『コンサイス外国地名事典』第3版では Dôle と綴られているが、市の公式サイトや『ロベール仏和大辞典』では Dole と綴られている。後者に添えられた発音記号はドル (dɔl) だが、同辞典を含め、日本では慣例的に「ドール」と表記される。

概要

 フランシュ=コンテの首都であったが、1678年にフランスに併合された時に、中心都市としての地位から陥落した。フランス革命後、ジュラ県が成立すると、その県庁所在地はドールではなくロン=ル=ソーニエとなった。

ノストラダムス関連

 『予言集』では以下の詩篇で登場している。

Googleマップ


名前:
コメント: