百詩篇第9巻80番


原文

Le Duc 1 voudra 2 les siens exterminer,
Enuoyera les plus forts 3 lieux estranges,
Par tyrannie 4 Pize 5 & Luc ruiner,
Puis 6 les Barbares 7 sans vin 8 feront vendanges 9 .

異文

(1) Duc : duc 1568A 1590Ro
(2) voudra : vouda 1603Mo
(3) forts : fort 1649Xa 1981EB
(4) tyrannie : Tyrannie 1668
(5) Pize 1568A 1568B 1568I : Bize T.A.Eds.
(6) Puis : Ruiy 1610, Puy 1627 1630Ma 1644 1650Ri 1653 1665
(7) Barbares : barbares 1590Ro 1627
(8) vin : vain 1644 1650Ri, Vin 1672
(9) vendanges : Vendanges 1672

校訂

 圧倒的に多くの版が3行目 Pize を Bize と綴っているが、ルッカとの地理的位置関係からしても Pize / Pise (ピサ) を採るのが自然であろう。上の異文の欄にもあるように、Bize は初出である1568年版のうちの一つ (1568C) に見られた誤植が後の版に引き継がれてしまっただけに過ぎないように思われる。
 実際、17世紀の信奉者テオフィル・ド・ガランシエールは Bize を採用しつつも、Pise の誤植だろうという認識を示していた。

日本語訳

公爵はその家臣たちを皆殺しにすることを望み、
その最強の者たちを異国の方々 〔ほうぼう〕 へと送るだろう。
暴政によってピサルッカを廃墟にする。
そしてバルバロイたちがブドウ酒のないブドウ摘みをするだろう。

訳について

 1行目 les siens は 「彼のもの」 という意味だが、それが公爵の家臣の意味なのか、特定の別人の家臣なのかは今ひとつはっきりしない。これは定冠詞が付いている2行目の「最強の者たち」が同じ存在を指すのかどうかも同様である。
 「その家臣たち」と「その最強の者たち」が同一の存在だとするならば、公爵が自分の立場を脅かしかねない強い家来をあえて流刑地もしくは激戦地にでも送って死なせようとしていると読めるし、別々の存在ならば、敵対する有力者の家来を殺すために、自分の家来の中でも特に強い者を送り込むというように読める。

 3行目の動詞は不定形。ゆえに直説法単純未来の語尾音消失とも取れるし、2行目の目的を表しているとも取れる。ピーター・ラメジャラーリチャード・シーバースは前者の意味に理解している。その場合、暴政を敷く人物は不明もしくは4行目のバルバロイとなるだろう。

 4行目は直訳した。
 葡萄の収穫を意味する vendange はそれが本来の意味ではあるのだが、「掠奪」 を意味する言葉でもある。「ブドウ酒のない」というのは、ジャン=ポール・クレベールによると、「ブドウ酒作りに回すことを気にせずにブドウを取りまくる」、つまり掠奪の意味の強化だという *1
 あるいは単に、「ブドウ収穫」と 「掠奪」 の意味を持つ vendange という語を、ブドウとは関係のない方の意味で使っていることを示す言葉遊びではないかとも思えるが、いずれにしても、4行目が「そしてバルバロイたちが掠奪をするだろう」という意味であることはほぼ疑いのないところである。

 既存の訳についてコメントしておく。
 大乗訳について。
 1行目 「公爵は自分で自分をほろぼし」 *2 は誤訳。voudra (望むだろう)が訳に反映されていないし、les siens は「彼のもの」の意味なので、それが公爵の所有物を指すとしても「公爵は自分のものを滅ぼすことを望むだろう」としか訳せない。
 2行目「最も強い人を奇妙な場所に送り」は誤訳ではないが、人も場所も複数形なので、せめて人のほうくらいは「人々」とするなど、複数と分かる表現にするほうが好ましいものと思われる。
 4行目「異邦人は酒もないのにブドー酒がつくれるだろう」は誤訳。vendangeはあくまでもブドウ収穫を指す言葉で、ブドウ酒作りを表す言葉ではない。

 山根訳について。
 2行目 「最強の者を最も知られざる土地へ送る」 *3 は、最上級を示す les plus が forts (強者たち)にも lieux (場所)にも係ると理解したのだろう。しかし、クレベール、ラメジャラー、シーバースらは、誰一人そのようには訳していない。

信奉者側の見解

 テオフィル・ド・ガランシエールは、3行目のピサとルッカがイタリアの都市であることと、4行目が掠奪の描写であることを示すにとどまった *4
 その後、20世紀に入るまでこの詩を解釈した者はいないようである。少なくとも、ジャック・ド・ジャンバルタザール・ギノーD.D.テオドール・ブーイフランシス・ジローウジェーヌ・バレストアナトール・ル・ペルチエチャールズ・ウォードマックス・ド・フォンブリュヌ(未作成)ロルフ・ボズウェルの著書には載っていない。

 ジェイムズ・レイヴァー(1942年)、アンドレ・ラモン(1943年)は、Ducをムッソリーニと解釈し (Ducはヴェネツィア共和国の首長ドージェの意味もある)、彼の圧政下で多くが国外追放されたことなど、ファシズムの暴虐ぶりと解釈した *5

 エリカ・チータムは当初、一言もコメントしておらず、晩年にも「この四行詩は解読できない」と述べるにとどまった *6

 ヴライク・イオネスク(1976年)は1930年代のスペイン内戦とイタリアによるエチオピア占領と解釈した。3行目のピサとルッカはイタリアそのものの代喩であるとともに、ピサをあえて Bize (イオネスクは底本の関係上、こちらの異文を採用している)と綴ったのは、PAR TYRANNIE BIZE を PENeTRER ABYSsINIA (アビシニアを貫く) というアナグラムのためだという (アビシニアはエチオピアの別名) *7

 セルジュ・ユタン(1978年)は 「ドイツ軍によるフランス占領」 とだけコメントしていたが、ボードワン・ボンセルジャンの補訂(2002年)では、未来の事件の解釈に差し替えられた *8

 フォンブリュヌ親子のうち、父マックスは何も触れていなかったし、息子ジャン=シャルルも当初は何も解釈していなかったが、晩年の著書では2025年前に起こる戦いについての予言と解釈していた *9

同時代的な視点

 ピーター・ラメジャラーは『ミラビリス・リベル』に描かれたイスラーム勢力によるヨーロッパ侵攻のモチーフが重ねあわされていると解釈した *10

 バルバロイが例によってイスラーム勢力を指すのであれば、確かにそのように解釈することが最も自然といえるだろう。



コメントらん
以下のコメント欄はコメントの著作権および削除基準を了解の上でご使用ください。なお、当「大事典」としては、以下に投稿されたコメントの信頼性などをなんら担保するものではありません (当「大事典」管理者である sumaru 自身によって投稿されたコメントを除く)。

名前:
コメント: