Morisque

  Morisque は「モール人の」の意味。現代フランス語では、Morisque と Moresque の2通りの綴り方がある。モール人(More)は北アフリカの民族名で、モーリタニアの語源になった。

 ピエール・ブランダムールはユゲの辞書に基づく語釈として「トルコの」(turque)という意味も挙げている。これは明らかに本来の意味から拡大されたものだが、ノストラダムス自身の用例として「モール人の、つまりはムハンマドの一派」(la secte Morisque, ou Mahumetique)という表現も確認されており(『1565年向けの暦』)、彼がイスラム教徒の意味でも使っていたことが窺える *1

 百詩篇第3巻95番の la loy Moricque については、信奉者たちの間では「(トマス・)モアの法」と読み、モア(More)の主著『ユートピア(未作成)』で提示された共産主義的思想と解釈されることがある。ノストラダムスの蔵書の中に『ユートピア』が含まれていたことは間違いない。これは、彼の署名入りの版本が現存することで確認されている。ただし、この事実が直ちに信奉者側の読み方を正当化するかは疑問である。

登場箇所


関連用語



名前:
コメント: