トゥスキア

  トゥスキア (Tuscia) は古代イタリアの地名である。
 エトルリアの異称(ローマ人たちによる呼び名)であり、現在のトスカーナ地方とおおむね重なる *1 。トスカーナはトゥスキアが転訛したものである *2

登場箇所

 ノストラダムスはトゥスキアをフランス語化したチュシー (Tuscie) という語を使っている。『予言集』では以下の2篇に登場している。

 トスカーナとトゥスキアの使い分けの基準はよく分からないが、上の2篇を見ての通り、初版収録分のみでしかトゥスキアを使っていない。


名前:
コメント: