ヘスペリア

  ヘスペリア (Hesperia) はラテン語の地名。宵の明星を司る神ヘスペルスの土地を意味し、西方を示す。terra Hesperia といえばイタリアのことだが、Hesperiaは時としてスペインを指す *1 。これはギリシア人が自らより西のイタリアをそう呼び、ローマ人がスペインをそう呼んだことによる *2 。なお、スペイン(現地名エスパーニャ)の語源ヒスパニア (Hispania) とは別の語である。そちらの語源は一説には「ウサギの国」である *3

登場箇所

 ノストラダムスの予言集では、名詞形の Hesperie (s) / Esperie (s)、形容詞系の Hesperique (s) が登場する。しばしば、ピエール・ブランダムールはスペインと釈義している。フランスを基準にヘスペリアを考えるのなら、確かにイタリアよりもスペインの方が適切と思われる。もっとも、全ての事例でスペインと解釈すべきかは別途検討が必要だろう。




名前:
コメント: