cailhau

  cailhau百詩篇第4巻44番に登場する単語。
  • アナトール・ル・ペルチエはスペイン語 caida からとして「侮辱、襲撃」(insult) と読んだ *1エドガー・レオニはプロヴァンス語の cailhan からとして、やはり同じように読んだ *2
  • ピエール・ブランダムールはプロヴァンス語と見なし、LTDFに登場する calhau などと同一視して、小石 (caillou) と理解した *3マリニー・ローズも同じ読みで、ローズの場合は地名に転用された例も多いことを指摘した *4 。地名への転用はブランダムールも指摘していたが、この場合は不定冠詞がついていることから、固有名詞とする見方を疑問視していた。
  • ロジェ・プレヴォはオック語で cailhau とは、「色を変える者、上着を変える者」という意味だと述べた *5ピーター・ラメジャラーリチャード・シーバースの英訳では apostate (背教者、変節漢)とされていた *6 (ただしラメジャラーは後に放棄)。
  • ラメジャラーは2003年の時点ではプレヴォの「変節漢」を支持していたが、2010年には固有名詞(詳述されていないが、おそらくボルドーのカイヨー門)とする読みを採った *7 。ただし、ブランダムールが述べていた不定冠詞との整合性は説明されていない。


名前:
コメント: