ボルドー

  ボルドー (Bordeaux)はフランス、ジロンド県の県庁所在地でアキテーヌ地域圏の首府。歴史的に重要な港湾都市である。

概要

 古代ローマ時代の名はブルディガラ(Burdigala)で、属州アクイタニア・セクンダの首府であった。1154年にイングランド領になると、ワインの輸出港として成長を遂げた。百年戦争中にあたる1453年にフランスが奪還に成功し、以降フランス領。

 18世紀には大西洋貿易で大発展を遂げ、その時期に建てられた壮麗な建造物群は「月の港ボルドー」の名でユネスコの世界遺産リストに登録されている(「月の港」はガロンヌ川屈曲部で三日月状に発達したボルドーの異名)。その壮麗さに感動したヴィクトル・ユゴーは「ヴェルサイユにアントウェルペンを加えるとボルドーになる」と述べたという *1


【画像】 『旅名人ブックス ボルドー』(第4版)

ノストラダムス関連

 ノストラダムスはトゥールーズナルボンヌなどとともに、1520年代に遍歴していた都市の一つとしてボルドーを挙げていた *2 。ゆえに、どの程度の期間かは不明だが、ボルドーに滞在していたことはあっただろう。

 ボルドーは1548年にはフランス南西部を揺るがした反塩税一揆の中心拠点のひとつであり、王国軍と激しい戦闘になった。『予言集』にはそれをモデルにしたと推測されている詩篇が幾らかある。

 ボルドーでは17世紀後半以降、ジャン・ウルセルジャン=バチスト・ブゾンニュらによって度々『予言集』が刊行されている。

登場箇所

 『予言集』でボルドーに直接的に言及されているのは、以下の詩篇である。
 このほか、百詩篇第1巻79番(未作成)の Bourd. は、列挙されている他の都市との類推から、ボルドーを指していることが確実視されている(当「大事典」としては、百詩篇第9巻1番の Bourc も Bourd. の誤記と推測したいところである)。

 また、ボルドーの住民を意味する Bo(u)rdelois も百詩篇第4巻79番(未作成)百詩篇第9巻6番(未作成)に登場している。

関連項目

  • スランの港
    • 「月の港」ボルドーを指すという説もある。


名前:
コメント: