スエビ人

  スエビ人 (Suebi, Suevi)は、古代の民族名。フランス語ではシュエーヴ(Suève)。
 「マルコマンニ、ヘルムンドゥリー、セムノネス、ランゴバルド族などが合体してできた部族名」 *1 だという。紀元前後頃にはエルベ川北方に住んでいたというが、後にいくつかの地に移住した。ドイツ南西部のシュヴァーベン地方の語源はスエビ人である。また、409年にはイベリア半島に移住した一派がスエビ王国を建てている *2

ノストラダムス関連

 以下の詩篇で登場する。

 このうち、後2つでは場所や地名と併記されており、民族名というよりは地名の可能性がある。少なくとも2巻83番については、ピエール・ブランダムールは Souabe (シュヴァーベン地方)と釈義しており、リチャード・シーバースは両方とも Swabia (シュヴァーベンの英語名)と英訳している。

 なお、従来の日本語訳では「スイス」と訳されることがしばしばであったが、ノストラダムスはスイスは Souisses と綴っている (現代フランス語では Suisse)。


名前:
コメント: